MENU

障がい者が仕事を終えて帰宅するまでの時間を過ごせる場所です。
障がい者支援について熟知した職員が、安全で楽しい場所を提供します。
利用者の夢を叶えるために有酸素運動で体を動かし、仲間とのレクレーションで心と体を健康に保ちます。
また、クラウドファンディングという今の時代だからこその方法で資金を集めて、利用者一人一人の夢の実現に向けて
プロジェクトをつくり一緒に歩んでいく施設です。

通常、障がい者の就労支援は午後3時か4時には終わって帰宅します。
そのため保護者の方は、フルタイムで働くことが難しい状況です。
当社のこのサービスを使うことによって、午後6時までお子様を預かれることで
保護者の皆様がフルタイムで働くことを可能にします。

就労継続支援の事業に行って働く

就労継続支援の事業に行って働く

15:00〜

仕事を終えて施設に移動する

15:00〜

仕事が終わる

16:00〜

有酸素運動、カラオケ、レクリエーション

16:00〜

帰宅

17:00〜

個別活動(クラウドファンディング/職業訓練)

17:00〜

家に誰か必要

17:45

帰宅の準備

17:45

仕事のイライラで落ち着かない

18:00

お迎えに来た方から帰宅(希望者は送迎)

18:00

ご家族の方が、食事、お風呂、余暇の全てを対応

その結果…
今日の仕事や楽しかった話を、
落ち着いた状態で家族と共有できる

その結果…
障がい者の方もご家族の方も疲弊してしまう

仕事の後に楽しく過ごす

一人一人にあったカリキュラムを、障がい者支援の経験のある専門の職員が提供します。利用者の運動量を確保するために、楽しい運動、レクリエーション、カラオケでストレスを発散しましょう!18時まで預かるので、保護者の方は安心して仕事に専念することができます。
楽しく体を動かしてパワーを発散しましょう。健康維持のためにも、仲間と日常的に体を動かしてストレスを発散しましょう。

夢を叶えるため、クラウドファンディングで資金を調達します

さらに、職員が利用者(障がい者)と保護者に夢を聞き、クラウドファンディングで資金を集めて実行するまでをサポート活動をします。
クラウドファンディングとは、ある目的、志などのため不特定多数の人から資金を集める行為、またそのためのネットサービスのことです。